FC2ブログ

神浦さるく

宇久島神浦港神浦港は入江が深く、天然の良港として栄えた町。正面に見えるのは小値賀島、右に寺島です。寺島・小値賀柳へ市営の定期船「第三みつしま」が運行しています。江戸時代に入り商人の町として栄え、江戸時代末期には釜屋、西松屋、久賀屋、泉屋、佐野屋など大型船を所有し、屋号をもった商人たちは大小の廻船業を営んでいました。漁師もまた、泉州岸和田、泉佐野、周防大島などから入港、住居があったそうです。大正13...